活動内容紹介 - 耐震・応急危険判定・専攻建築士なら建築士会船橋支部へ

建築士会船橋支部

メニュー



 
 
 
 
 
 
 
 
 
累計:
本日:
昨日:

活動内容紹介

CPD制度

添付画像

建築士会では、建築士会会員の知識、技術、に関する研鑽と倫理観醸成のために、平成14年、自主的にCPD制度を始め、意欲的な会員の支持得て運営してきました。

 平成21年1月5日施行の改正建築士法第22条4の規定によりすべて建築士に対する研修を行うことが建築士会に義務付けられたこと、CPDの実績データ行政機関で活用が、地方の建築工事での入札で広まっており、同じ施工現場で働く技術者として建築士にのみCPDが提供されている現状や、一部の建築士会では県から要請で「建築施工管理技士」にもCPDを提供していたことなどから、平成22年4月にCPD制度を大幅に改め、全ての建築技術者にオープン化して非会員の方たちにも広く門戸を開くこととしました。

各種データの登録・管理には、より利便性の高いICカードによる新システムを採用して、活用先の要望に応じて履修証明を容易発行できるしくみとしています。


CPD制度登録を希望される方は、千葉県建築士会のホームページから申請してください。

©2013 千葉県建築士会 船橋支部
Powered by AD-EDIT3 / Designed by pc-wizard